Menu

14種類の自動車運転免許が取れる合宿免許

合宿免許の概要について

合宿免許は、数多くの自動車運転免許を取得する事が可能であり、合計で12種類が準備されています。そして、オートマチック車(AT)のみ運転出来る普通自動車AT限定・大型自動二輪AT・普通自動二輪ATの3つを加えれば15種類もの免許があります。最も代表的な免許は、一番取得者が多い普通自動車免許(AT/MT)であり、18歳以上・色の識別が可能・両眼合計の視力が0.7以上といった取得条件があります。MT車はAT車より操作がやや複雑になる事から、MT車の方が3時限だけ技能教習が増えて、卒業までの日数(MT車は16日か17日)も2日程度増えるのが一般的です。普通自動二輪車と大型自動二輪車の違いは、普通自動二輪免許が二輪車の排気量が400CC以下且つ16歳以上になると取得可能で、大型自動二輪免許はどの排気量の二輪車にも乗れ、18歳以上であれば取得する事が出来ます。

大型自動車や中型自動車などはどうなっているのか

普通自動車・二輪車同様に著名な自動車免許は、大型トラック・観光バス(30人以上)・ダンプカーなどに乗れる大型自動車免許です。主な取得条件としては、普通自動車・中型自動車免許を取得してから3年以上経過している事や、視力・色覚・聴力なども一定の条件クリアが必要です。中型自動車免許は、普通自動車免許を取得してから2年以上経過している事が条件であり、マイクロバス・引っ越しなどで使われる貨物車両の運転が出来ます。準中型自動車免許は、2017年3月に新設された運転免許であり、普通自動車同様に他の免許を取得する事なく、18歳以上の人なら取得出来ます。準中型免許は、普通自動車免許では運転する事が不可能な、車両総重量が重くなりがちな冷蔵車両・冷凍車両を運転する事が出来るので、物流業界で働く人に必要不可欠な免許と言えます。

2種免許は営業用車両の運転時に必要

自動車運転免許は、営業用車両を運転する事が出来る2種免許の区分があります。大型自動車・中型自動車・普通自動車に2種免許の設定があり、大型自動車は路線バス、普通自動車はタクシーなどに乗車出来ます。なお、飲酒したドライバーの代わりに車を運転する代行運転手は、普通自動車2種免許が必要となっています。全ての2種免許は、普通自動車免許を取得してから3年以上経過した者のみが取得可能であり、高度な運転技術に加えて詳しい運転知識が必要な事から、学科試験は難易度を高めています。なお、2種免許に関しては、普通自動車のみMTとATの設定があります。

これら以外に、合宿免許で取得可能な自動車免許は大型特殊とけん引があり、大型特殊は工事・大規模農地・除雪などの現場で活躍する車両を運転出来ます。大型特殊免許は、他の自動車免許が無くても運転する事が可能で、18歳から取得にチャレンジ出来ます。けん引は、コンテナを輸送するためのトレーラー車や鉄道車両を輸送する際に必要な免許となっていて、2種免許同様に高度な運転技術が必須と言えます。

おすすめの合宿免許サイト:合宿免許ムーチョ!