Menu

合宿免許で持って行くと便利な持ち物

安眠グッズ

合宿免許は大部屋で他人と一緒に寝るというスタイルです。中には料金を上乗せして個室に泊まれるというケースもありますが、多くの場合は二段ベッドなどで寝ることになります。他人と一緒の空間で熟睡できるのであれば問題ありませんが、神経質な方は気持ち良く寝ることができません。睡眠不足になれば安全運転が難しくなりますし、学科の内容も頭に入りません。熟睡しやすい環境を作ることが大切で、その為にアイマスクや耳栓などの安眠グッズは欠かせません。いびきや寝返り時の音で起きることがなければ、熟睡できて翌日のパフォーマンスも上がります。それに、合宿免許は一日二日の話ではないので寝れなければ疲労は溜まる一方です。疲れがピークに達してケアレスミスなどが続けば、合宿を途中で辞退するという最悪の状況になりかねません。アイマスクや耳栓は大きな荷物でもないので、持ち込んで損はありません。

自分に合った薬

合宿は長期間ですし、いつもとは全く違う環境になるので体調を崩すことも珍しくはないです。大きく体を壊せば合宿の続行は難しいですが、軽い風邪などであれば薬を飲んで頑張らないといけません。例えば風邪薬にしても自分に合う薬とそうでない薬があるので、自分で持ち込んだ方が賢明です。薬が合わなければいつまで経っても体調が良くならないので、運転や座学に集中できません。合宿は多くの人が参加するので、風邪をこじらせたまま過ごすと感染が広がってしまう可能性もあります。自分の為の薬であることはもちろんですが、同じ参加者の為の薬でもあります。

薬以外だと、湿布も有効です。合宿は一気に教習を進めるので、運転する時間が長くなったりします。運転に慣れていない体で何時間も運転すると、脚や肩など普段使わない筋肉に負荷がかかるので疲れます。湿布はそんな筋肉の疲れを癒すことができるので、持っていると便利です。

バリエーション豊かな服

合宿は必ずしも住んでいる周辺で行われるとは限らず、全く別の場所に移動する可能性もあります。特に標高の高い場所であれば朝晩の気温差が大きいので、同じような服ばかりだと気候に対応できない可能性があります。合宿先の気候を確かめるのはもちろん、どんな気温変動にも耐えれるように服のバリエーションを豊かにしておくことは大切です。例えば夏場なら半袖だけでなく、長袖も持参するという具合です。ただ、服は安眠グッズや薬と違って荷物になるので、熟考した上で適切な服を選択しなければいけません。

 

 

免許は合宿免許ムーチョ!で取ろう