Menu

合宿免許と通学免許のどちらを選ぶ?

短期でとりたいなら合宿免許

教習所に通って免許を取る方法には大きく分けて合宿免許と通学免許という形があります。合宿免許はその名の通り、教習所やその近辺で宿泊しながら教習を受ける形です。一人でも参加できますが、友人などと旅行感覚で一緒に参加するという方も多いです。学生さんなどが長期の休みを利用して免許取得をするときに選ぶことが多い形です。宿泊場所は教習所に近かったり、送迎がついていたりという事で通学に支障はないため、余計なことを考える必要がなく、免許取得に集中することが出来ます。効率的な教習プランが組まれていることもあり、短期で免許を取得したいというときに向いています。こうしたメリットが合宿免許にはあるのです。

デメリットとしては、宿泊を伴いまとめて教習を行うということにより、仕事を持っている方などは参加しにくいということがあります。基本的に効率的に教習をこなせるようにスケジュールが設定されていますが、個人の技能や進み方はそれぞれ異なるので、付いていけない場合には大きく予定が狂う事もあります。教習日程が延びると宿泊費用もかさみますし、仕事や学校との兼ね合いが難しくなることもあります。こうした問題が起こった時の対処は利用前に考えておきたいものです。

通学なら都合に合わせて教習ができる

教習所に通学して教習を受け免許取得を狙うという場合、自分の都合に合わせやすいというメリットがあります。仕事や学校が休みの日や早く終わる日に教習の予約を入れておけば、仕事や学校がある時でも両立させやすくなります。まとまった時間や日程が取れなくても、空いた時間を利用して少しずつ進めていくことも出来るようになるのです。忙しい方にとってはこの形が免許取得を現実的なものとしてくれるでしょう。

デメリットとしては教習期間が長くなりやすいことや自分でスケジュールを考えて予約を入れなければならず、高度な管理能力が問われるという事にあります。仕事などの予定がなかなか立たないという場合、予約が入れにくく混雑している時にはなかなか教習が進まないという事もあるのです。この時までに免許を取りたいと思っても、スケジュールがずれ込んでしまい予定が狂う事もあります。また、教習所が近くにない場合などは、通うたびに交通費や時間がかかることもあるので、長くなると負担も大きくなりやすいのです。通学の場合はこうしたデメリットを考えて、きちんとしたスケジュールなどの管理を行っていくことが必要となるでしょう。

 

免許は合宿免許ムーチョ!で取ろう