Menu

合宿免許の生活の流れを知っておこう

合宿所での教習や食事はどうなっているか

此れから免許を取得したいと考えている人の中には、合宿免許に通ってみたいと考える人は少なくありません。ただ、合宿免許の生活そのものがわからないため不安でなかなか申し込みをすることができない人もいるはずです。そこで、合宿免許に入所した1日の生活を理解しておきましょう。今まで夜勤の仕事をしていた人でもあるいは生活が乱れてお昼ぐらいに起きていた人でも、合宿免許に入ってからは規則正しい生活をする必要があります。合宿免許は、通学するときの教習所に比べて最短で2週間程度早く免許を取得することができるのが特徴です。そのため、朝一番で教習を受けることも多くなるでしょう。例えば、午前中の1限目の授業を受講した場合には、朝8:30から9:00にスタートすることがほとんどです。そうすると、起きる時間も朝の8:00かそれより前になるでしょう。

朝起きてからは、宿泊しているホテルや教習所の食堂で食事をするのが基本です。バイキング形式になっているところもあれば、一人一人料理が出てくるところもあります。教習所に行くときは、教習所から徒歩で行ける距離にあるホテルや宿泊所ならば徒歩で教習所まで通うことになります。しかし、自動車でなければ通うことができない場合には教習所が用意したスクールバスで一斉に通うことになるでしょう。

教習所に着いたら、教習簿の受け取りや配車手配を行っていきます。技能教習からスタートする人もいれば学科教習からスタートする人もいます。学科教習は2コマ連続で行われることもありますので、集中力を養うべくしっかりと夜のうちに睡眠を取っておくことが重要です。午前中の授業が終われば合宿所に戻ってお昼ご飯が出されます。お昼御飯を食べた後、午後の教習を受講している人は再びスクールバスに乗り教習所に戻る流れです。一方で、教習をとっていない人は自室で待機することが多くなります。その間は、プライベートの時間になります。試験で一発合格を目指すために勉強をしてもよいでしょう。

宿泊する場所ですが、最近の合宿免許は一人一部屋が原則になっています。かつては、一部屋に数人が宿泊するタイプでしたが、よりプライバシーを重視されているところは人気があるため、それに合わせて多くの合宿免許では一人部屋を用意するようにしています。
ただ、友達と一緒に参加するような場合には相部屋が用意されていることもあります。もし、一人の場合でも友達が欲しければ相部屋を選んでみてもよいでしょう。試験前に同室のメンバーと問題の出し合いなどをすれば、一人で勉強するよりも効率よく覚えることができるかもしれません。

 

免許は合宿免許ムーチョ!で取ろう