Menu

安くて短期間で免許を取得できる合宿免許

合宿免許とは一体何なのでしょうか

免許取得には合宿免許で取得するか、免許センターへの通学をして取得する方法があります。通学して免許を取得する場合、自宅から近い免許センターへ通うことができる上、1日中拘束されることがないというメリットはありますが、数週間かかってしまいます。一方合宿免許は教習所付属の宿泊施設や近隣のホテルなどに最低2週間程度滞在することになるため、拘束される期間は継続的で長いものの、通学で取得する免許より安く抑えられる上、たった2週間で効率的に取得できるのです。そのため2週間という時間を作ることができる学生のうちに取得する人が多い傾向があります。

合宿免許のスケジュール

合宿免許の免許取得までのスケジュールとして、簡単に説明すると、取得する免許センターにもよりますが、最初の1週間は座学講習がメインです。その間、数回の効果測定(小テストのようなもの)があります。1週間を過ぎると、本格的な路上研修が開始します。そして最終日に、路上の運転と駐車スキルを確認し、合格すれば免許合宿終了となります。不合格の場合は延泊となりますが、多くの合宿所で数日の延泊であれば費用負担が無いケースが多いです。免許合宿は終了となりますが、すぐに免許を獲得できるわけではありません。地元に帰ってから免許の筆記試験を行わなければならないのです。これは自分の戸籍が登録されている地域で受けなければなりません。更に免許合宿が終了してから筆記試験を受けるまでにはリミットがあるため、合宿免許で実技が合格したからといって油断せず、筆記試験を受けることを忘れないようにしましょう。

免許合宿での滞在生活

免許合宿のメインは免許を取得することにあります。しかし、2週間という貴重な時間を割くわけですから、現地での友人を作りたい、観光もしたいという気持ちもあるのではないでしょうか。確かに2週間で免許を取得しなければならないため1日のスケジュールはほぼ埋まっているといっても過言ではないでしょう。ただ、夕方以降・昼食休憩時間はありますし、免許センターによっては週に1~2回程度の頻度でイベントを開催することもあります。例えば、山形県の免許センターでは地域名産の「芋煮」をその期間に合宿で訪れていた人皆で食べるようなイベントを開催しているセンターが多いです。友人同士で来る人が多いですが、もちろん一人で合宿免許に来る人もいます。
また、滞在先のホテルについて、しっかりホテルを選ぶ、もしくは費用を惜しまずホテルをランクアップすれば、温泉が併設されているホテルや、地域ならではのアクテビティを体験できる施設もあります。せっかく遠方で2週間も滞在できるのですから、免許を取得するとともに、現地の観光や味覚も楽しみましょう。

 

免許は合宿免許ムーチョ!で取ろう