Menu

敬老の日の由来

9月の祝日である敬老の日について、その由来をご存知でしょうか。敬老の日の由来は諸説ありますが、敬老の日が祝日となるまでの流れについては、以下のように言われています。兵庫県の多可郡野間村、現在は多可町で行われていた敬老行事である「としよりの日」とされているものがあります。お年寄りを大切にするとともに、お年寄りの知恵を借りて村づくりをしようという趣旨から始まりました。そうした村づくりから、915日を「としよりの日」として、敬老会を開いていました。やがて、その風習が県内に広がり、1964年には老人の日とその日の名称が変更となりました。兵庫県から始まった、このお年寄りを大切にしようとする、この運動が全国へと波及していき、お年寄りに対して敬意を表し、長寿を祝う日として「敬老の日」が生まれました。2001年の祝日法改正により、もともと915日であった敬老の日は、9月第3週の月曜日とされました。さらに、915日を含む一週間は、老人週間とされています。敬老の日の由来について、ご紹介しました。敬老の日に、ご家族や身の回りのお年寄りに対し、改めて敬意を表し、感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。